ハイヤーを運転するドライバーについて

ハイヤーを依頼する時は何を一番重要視するのか、人によって様々ではあります。一番重要視するポイントで多いのが、ドライバーではないでしょうか。ドライバーがどのような人間で、本当に安心してお任せできるドライバーなのかは非常に気になる部分でしょう。今回はハイヤーの運転をお任せするドライバーについて、ご紹介させていただきます。

大手の会社を見ると一つの会社で1000人以上のドライバーがいると言われていますが、ドライバーはどのような人間でもなれるものなのでしょうか。ハイヤーのドライバーはタクシーのドライバーと異なり、そもそもの台数がタクシーよりも圧倒的に少ないので、その分限られた優秀なドライバーである必要があります。また、会社の社長や役員、そしてVIPを乗せることが多いので、運転の技術だけではなく礼儀作法はもちろんのことコミュニケーション能力も高いレベルで求められるでしょう。

採用制度はそれぞれの会社で当然のことながら異なりますが、合格率は20%というとても倍率が高い会社もあります。採用試験では運転技術に加えて、コミュニケーション能力やドライバーで最も大事な一つとして地理的な試験も加わります。そしてその他にも面接が数回あったり、試験は長期的なスパンで判断する会社が多く、ハイヤーのドライバーになる為にはこのような狭き門を突破する必要性があります。

そして、その狭き門を突破したドライバーは数か月から1年単位で徹底的に研修カリキュラムを経て、ようやく表舞台でドライバーとして活躍できるのです。つまり、ハイヤーのドライバーは限られた人間のみができるドライバーのスペシャリストと言っても決して大袈裟ではないでしょう。

乗車される人の年齢層は、様々です。したがって、乗車される人の年齢層や職業など様々な角度から判断し、ドライバーを割り当てます。ドライバーの年齢層も若い世代で言えば20代から在籍していますし、高い年代であれば60代のドライバーも多数在籍しています。これは色々な要望にお応えする為、様々なタイプのドライバーを採用しなければいけないのです。また、在籍年数も非常に重要な部分で、大手の会社であれば多くのドライバーが在籍5年以上といった経験あるドライバーとなっています。

これからハイヤーを依頼しようとしている方は、自分に合ったドライバーが必ず在籍していますので、ぜひ色々なご要望を出してみましょう。きっと自分に最適なドライバーが見つかることでしょう。