ハイヤー予約時の注意点

ハイヤーとタクシーはよく間違われることもありますが、決定的に異なる部分は予約が必ず必要ということです。タクシーももちろん予約をして乗車することはあるかと思いますが、多くのタクシー利用者は街中で手を挙げてタクシーを拾う場合がほとんどでしょう。それに比べて、ハイヤーは街中で走っていても拾うことができず、全て予約制といったサービス内容でそのサービスを提供しています。しかし、どうやって予約すれば良いのか?ということをまだまだ知らない方も多いはずです。今回は予約方法など細かく説明させていただき、もっと多くの方にハイヤーを利用していただければと思います。

まずは見積もりですが、見積もりは電話でも専用サイトからでもどちらからでも可能です。見積もりを取った上で、予約をする際には電話での予約が一般的です。会社によって異なってくる部分ではありますが、大手の会社であれば24時間受け付けできる専用の受付センターを設けている会社もあります。また、タクシー利用時と同じ感覚で当日に急遽必要となり依頼することも可能です。ただし、タクシー同様に配車の台数は限られていますので、当日の配車ができない場合がありますので、その点は事前の注意が必要かもしれません。また、予約の場合、タクシーと異なる点があります。それは車種やドライバーを選ぶことができる点です。当日予約ですと、どうしても希望する車種やドライバーのタイプなどこちらも要望に応えできない場合がどうしても発生する可能性がありますので、もし予定が事前に分かるのであれば少しでも早めの予約が良いでしょう。

そして、予約完了後、配車をしてもらうわけですが、支払い方法もタクシーと異なる点があります。1日利用の場合などで言えば、当日に現金やクレジットカード、タクシーチケットなどで支払いを行うことも可能です。ただし、ハイヤーの場合、ビジネスシーンで利用されることが多々ありますので、料金は後日請求書払いという形を取ることも可能なのです。支払い時も予約時と同様に注意点があります。この支払い方法も方法によって対応が異なりますので、予約時に支払い方法を伝えておくことが必要です。

様々な場面で使用されるハイヤーですが、予約方法などを説明させていただきました。電話一本や専用サイトを利用しての見積もりなど、決して面倒なことはありません。また支払い方法も様々な方法に対応することができますので、予約時に色々と依頼会社に相談してみて下さい。