ワゴンタイプのハイヤーについて

ハイヤーを利用する中でも4人以上が乗車する場合は一般的なセダンタイプの車輌ではなくて、ワゴンタイプの車輌がおすすめです。今回はそんなハイヤーの中でも大人数移動に最適なワゴンタイプの車輌について紹介をします。

ハイヤーのワゴンタイプの中にもそれぞれ種類があるのをご存知でしょうか。一般的なセダンタイプは4名乗車ができますが、快適さを求めるとなると3名での乗車が推奨されています。こちらはスタンダードな考え方ですが、ワゴンタイプもその考え方に準じて考えられています。4から5名で利用するのであれば3列シートの中でも一番小さなタイプのワゴン車を利用するのが良いでしょう。また6名以上の移動などに利用する場合はもう一つ上の大きなタイプのワゴン車を利用する方が適切です。このようにワゴンタイプの中でも乗車人数によって2パターンのタイプに分かれることがワゴンタイプを利用する時のスタンダードな考え方ですので、事前にこの知識は知っておきましょう。

また、ワゴンタイプの大きさについて考える時、条件は乗車人数だけとは限りません。大きなタイプの車輌を利用するということは、その人数分の荷物を載せなければならないということです。どの程度の荷物が入るのかも事前に確認をしておくようにしましょう。例えば小さなタイプの車輛でゴルフに行く場合、ゴルフバッグが3から5個程度積載できます。スーツケースで考えるのであればこちらは2から4個程度と考えることができます。そして大きなタイプのワゴン車であれば、ゴルフバッグが4から8個、スーツケースが最大で8個ほど入る程度のスペースがあります。このように乗車人数と比例して荷物も増えていきますので、乗車人数が増えれば増える分、ワゴンタイプの大きさは考慮して選んだ方が良いでしょう。

気になるハイヤーの料金体系についてですが、当然のことではありますが車輌の大きさが大きくなるほど料金はかかります。利用時間や距離などで料金設定をしている所もあるので、その点は各社で比較検討をする必要があります。ただし、乗車人数で割り勘をするのであれば、乗車人数によって金額が変わってきますので、小さなタイプのワゴン車で行くのか、大きなタイプのワゴン車で行くのかを事前に算出するべきです。場合によっては大きなタイプのワゴン車の方が一人あたりの負担額が安くなるケースもあります。

そして、通常のタクシーと異なり、観光タクシーを利用する際には事前に打ち合わせをする時間があり、利用時間で料金が決まっているので、事前に見積もりを出してもらうことであらかじめ必要な金額が分かるようになっています。そのため利用する側は当日料金を気にすることなく利用することができます。この点は通常のタクシーを利用するよりもメリットがあると言って良いでしょう。